個人間取引を上手に使う方法
個人間取引を上手に使う方法

個人で車の売買をすることは可能なのか?

個人同士で車の売買をすることは可能です。

別に業者を介さなくとも、お互いが知り合い同士ではなくアカの他人であっても

車の売買をきちんと必要書類をそろえれば問題なく売買できます。

売買とは言っても、別にタダであげることもできますが、そのときであっても必要書類はそろえなければならないので、ここでは

  • 個人で車を売買する際に必要な必要書類とは
  • 業者を介さないほうが高い値段で売買できる?
  • 個人取引なんだけどスムーズに取引できるオススメの業者の使い方

を中心に解説していきます

個人間で車の売買をする人が増えている?

ところで、個人同士で車の売買(または譲渡)をする理由というのは、主に友人や家族の間で車のやりとりをするからというものが多いと思います。

しかし最近は意外とアカの他人同士での売買もよく見かけるようになりました。

これはヤフオクやメルカリといった個人売買をするサイトを活用していろいろなものが個人同士で売買されるようになってきているからですが、車の個人売買の場合、必要な書類を集めなきゃいけないので、結構メンドウです。

手続きは変わらない

いくら簡単に売り買いができるからと言って、車の売買に必要な書類がいらなくなったわけではありません。

名義の変更をしたり、車検証を用意したりと、必要書類はこれまで同様何も変わっていないので、売買前にきちんと確認しておきましょう

売買に必要な書類一覧

車の売買には以下の書類が必要です。

  • 車検証
  • リサイクル券
  • 自賠責証明
  • 納税証明
  • 印鑑証明
  • 譲渡証明
  • 委任状

めんどくさ!

と思った方もいるかもしれないですね笑

私も始めて車を後輩に譲った(タダで^^)時は思いましたが、車を業者に売ろうが知人や家族に上げようが売買金額の有無にかかわらず用意する書類は大してかわらないというのが現実です。

もし、これらの書類を用意しないとどうなるか?というと、

その車を次に売ったり、廃車する際にその車の持ち主が困ることになります。

書類を用意しようにも用意できないわけですからね。
そうならないためにも、車の売買や譲渡は個人間の場合は当事者同士が用意しなければならないので心してかかりましょう。

いくら個人で車を売買するのが身近になったとはいえ、たとえ近しい間柄でもきちんとした手続きは必要ですね。

個人取引がよくあるトラブル

次に個人での売買でよくあるトラブルを紹介します。

「いやよく知ってる間柄でトラブルは起きないよ」という方でも一度読んで欲しいのですが、信用できる相手だから読まなくてもいいよという方は次の「個人取引でも高く売りたいとき」へお進みください。

個人トラブル1 「書類不備」

上にも書いた必要書類一覧を用意できず、取引当日になって名義変更ができないというのが、トラブルの代表です

その場合、知り合いとかであれば「ごめんね、今度にしよう」というのが通用しますが、住所が遠い中わざわざ出向いてもらっていたり、そこまでの親しい間柄ではなかったりするとさすがにイラッとさせてしまいますし、そんなことが原因で仲が悪くなるのも困りものです。

必要な書類をそろえられないことは結構多く、揃えたつもりでも記載内容に誤りがあってもそれを点検する人がいなかったりと、手続きに必要な書類をミスなく揃えるというのはなかなかハードルが高くおすすめできません。

個人トラブル2 「振込み未納」

必要な書類を揃え、無事に車の引渡しを済ませたにもかかわらずお金が振り込まれないということもあります。

買った方が後から何か車におかしな箇所があり納得できないから振り込まないとか、そもそも振り込む意思が無いのかはケースバイケースですが、個人では契約書を結ばない限りこれらのトラブルが一度起きてしまうと非常にメンドウな事になります。

お金が絡むトラブルは何かと厄介ですからね。関係の修復にも時間を要します。

個人トラブル3 「車の配送トラブル」

車を売買する際にその場で取引が成立するならいいのですが、売主が買主のところまで車を輸送する際に事故に遭ってしまったりして、売買が成り立たなくなる事もあります。

ちなみに車買取の業者の場合、車の輸送は外注を利用している場合がほとんどです。

輸送専門の業者に車の輸送のみを依頼し、輸送間に何か事故などのトラブルが発生しても輸送業者と保険で賄うことができます。

プロの業者でもこうしたリスクヘッジをしているのです。個人取引とはいえ、こうした些細な点もよく話し合ってから輸送費はどりらが持つか?なとも決めておいたほうが良いです。

個人トラブル4 「車体の瑕疵」

これはいわゆる瑕疵担保責任というやつです。

後で何か車に悪いところがあったら、どちらが責任をもつか?という話です。

ヤフオクだと「ノークレーム・ノーリターンでお願いします」という文言をよく見かけますよね。それのことをいいます。

個人取引でも高く売りたいとき

お互いが親しい間柄で「10万でいいよ」

とか
「名義変更だけちゃんとしてくれればタダでいいよ」

みたいな個人売買ならともかく、アカの他人であったり、誰かの紹介を挟んであなた自身がよく知らない相手に車を売ったりするのであれば、今の車の価値がいくらなのかを知りたくなると思います。

今の車の価値がわかれば、

「業者に売ればこのくらいで売れるから、知ってる相手だから○○万でいいよ」

みたいな流れで金額を決める際にも、あなたは損する気分にならなくても済みます笑

今の車の価値を知るには?

今の車の価値を知りたいと思ったときに、知っているディーラーに駆け込んで「この車いくら?」みたいな聞き方をしていませんか?

それ、本当の値段じゃないですよ?

ディーラーに持ち込み車の値段をいくら?と聞くということは「そのお店の下取り価格」を聞いているということであって、車の価値そのものではありません。

(詳しくは「下取りよりも車を高く売る方法」を参照してみてください)

ディーラーに聞いた車の価値 ≠ あなたの車の現在価値

一括査定を利用するのはどうか

あなたが今乗っている車は同じ車種は世の中にゴマンとありますが、走行距離や年式や状態までまったく同じ車は存在しません。

つまり、あなたの車とまったく同じ車は世の中には無いということは、車の価値そのものは買い手によって決まります

個人取引でも業者で買い取ってもらう事でも同じですが、車の価値を決めるのは買う側の査定した額によるわけなので、高く売るのが目的の場合、複数の業者に査定をかけるのが一番の得策ということになります。

個人で取引をする際に参考にしたい今のあなたの車の価値を知るには、一括査定などで買取専門の業者の査定額を参考にするのがおすすめです。

おすすめの査定方法

上で一括査定がおすすめと書きましたが、その理由は一度の申し込みで複数にまとめて業者への査定依頼を出すことができるからです。

たとえば、こんなのがあります


一括で業者に査定依頼を出すならここがおすすめ

車を高く売るにはどうしたら良いか

査定前のチェックポイント

個人での売買でも適正な価値で取引することはお互いの関係を悪化する心配もなく大事な事だと思っていますが、もし車を業者相手であったり少しでも高値での取引をしたいと思うのであれば、次のポイントを抑えると高く売れる可能性を高めることができるので参考にしてみてください。

ポイント1 ディーラー下取りをやめ、買取業者へ打診する

下取りは買取業者が1社のみで競争原理が働かないため、車の価値よりも安く見積もられることが多いです。
(下取りと買取の違いを詳しく知りたい人は【これさえ知っとけば大丈夫!】車査定の”キホン”を徹底解説を参考にしてみてください)

なので、高値を追求するため以下のポイントをおさえる必要があります。

  • 買取専門店に買取ってもらう
  • 査定は複数に依頼する
  • 何箇所も依頼を出すのがメンドウなので一括で査定を依頼する

一括で査定を依頼するメリットは何と言っても売る側のこちらがラクだから笑

複数にまとめて依頼を出してもほんの数分もあれば申し込みは完了します。

一括申し込みができるサイトがいくつかあるので、良いものをいくつか紹介します。

一括査定.com




選べる業者が70~80社もある(他は40社くらい)


事故車OK


名前がそのものズバリ笑のサイトです。



ユーカーパック




複数業者を選んでも窓口は一つだけにして、やりとりを簡素化したい人向け



まとめ

ここまで、個人での車の売買についてまとめてきましたが、どうだったでしょうか?

簡単にまとめると、個人売買は

  • トラブルが起きやすく、おすすめしません
  • 書類を正しく記載し、かつ全て揃えるのは大変
  • 一括査定業者を活用して正しい車の価値を知り、情報を得た上で個人売買の判断を

の3点です。

「必要な書類が何かわかったので、個人売買でチャレンジしたい」
とか
「高く売れるか判断する方法がわかったので、大して高くなければ知り合いに譲る笑」
とかの判断基準としてお役に立てれば幸いです。