車の査定のキホンをサクッと解説
車の査定のキホンをサクッと解説

車の査定についての仕組みをサクッと解説

「自分の車を売りたい!」と思ったときに、「よし査定に出そう!」と思う方はごく少数なんじゃないかと思います。



いつもなら次の車を選びにディーラーに行き、欲しい車の交渉時などに下取りに出すという選択肢が提示されるので手っ取り早く値引きの材料になり査定を選択肢にする必要がないからです。



私も以前乗っていた車を査定で売りに出す前までは下取りに出していましたし、なんとか下取り価格を少しでも高くしてもらえるよう交渉していたこともありました。



結論から言うと、下取りの価格をいくら高めに見積もってもらっても、一括査定などの複数業者との査定売却には勝てません



ここでは何を伝えたいのかというと、

  • 車査定とはそもそも何か
  • 車査定のはどういった流れでやればよいか
  • 査定を受けるにあたり、何を着眼にすれば高値をゲットできるのか

といった点についてサクッと解説していきます。



一回やってみてください 簡単だから



と、この記事を読んでから実際にやってみたら下取りよりも高値がついた!と次の新車にオプションが1つ増えたりしていることでしょう笑

車査定とはそもそも何か

車査定とは
車査定とは

そもそも車査定って何でしょう?


よく耳にする言葉ですが、車査定とは「車を売るために値段を決めてもらうこと」をいいます。


車を売るためには2つの方法があります。

  • 車を下取りに出す
  • 車を買取ってもらう

この2つが車を売る際の選択肢になります。

が、この2つは意味が異なります。

金額も変わってくることが多いです。では、この2つの違いは何なのでしょうか?

車査定と車買取の違い

車査定と車買取は違うといいましたが、その違いを説明しましょう。


車買取
次に車を買うディーラーに今乗っている車を売ることで値引きしてくれることをいいます。下取り額がそのまま査定額になる仕組みです。

一方で、車買取は

車査定
車を査定業者に見てもらうことで、査定金額を提示してもらいます。別に次の車を買うためではないので、複数の業者に査定をお願いしようが1社だけにお願いしようが構いません。
ただ、車を売るだけです

まとめると

  • 車下取:主に次に車を買おうとしているディーラーが買い取る
  • 車買取:査定に来てもらった業者の中で一番高値をつけた業者が買い取る

と、こういった違いがあるんですね。

車下取りと車買取のそれぞれのメリット・デメリットは何か?

違いがわかったところで、今度はそれぞれの長所と短所についてまとめます。

次の表を見てください


売却方法 メリット デメリット
車下取 ・なんてったってラク
・商談~購入までのスムーズさ
・中古車に関する知識不足
・基本的に下取り価格が安い
車買取 ・買取価格が高い
・中古車買取のノウハウが豊富
・車買取終了後は付き合いが無い
・対応が良くない場合がある

メリットとデメリットはこの表の通りですが、車下取は車の売却と次の車の購入が一連の流れなので、とてもスムーズです。とてもラクに感じることでしょう。

だって、2つの「売却」と「購入」がセットになっているんですもんね。わざわざ別にする必要なくね?といわれればその通りです。

ただし、ラクな分安く売っているという気持ちは忘れておく必要があります。

いやいや多少の手間でも少しでも高く売りたい!と思う方だけこのまま読み進めてください。

とりあえず、いまいくら?はダメか?

さて、車査定でいかに高く売るかを知りたい人のためにここからは解説していくのですが、「とりあえず、いまいくら?」と思っている方へ

車査定とはそもそも何か?でもお話した通り、車査定とは車を売るために査定額を提示してもらうものになります。

よって、査定額を知るには最終的に車をどこかの業者(一番高値の金額を提示した業者)に売却するわけですが、売りもしないのに査定に来てもらうのはマナー違反です。

だって、自分がたとえば会社の営業マンだとして、「買うつもりが無いけど、営業には来て」と言われて行きますか?って話です。それと一緒

「じゃあ買うフリをすればいいか」なんて言う人が出てきそうですが、そもそも査定に来てもらう時点で自分の住所などが知られているわけですし、そんなマナー違反していたらたいていの人は気分悪いですよね?

車査定のはどういった流れでやればよいか

実際に車査定ってどうやればいいの?という流れをざっくり説明すると

車査定の流れ

  1. 査定に来てもらう申込みをする(パソコンとかスマホで)
  2. いつ来てもらうか?を決める(主に電話で)
  3. 査定額を聞く

といった流れです。

ね?簡単なんです。

査定に来てもらうと2番に書きましたが、別にあなたが自分で買取店に持ち込みをしてもOKなわけです。
ネット申込みで来てもらっても

自分で持ち込んでも

そこに金額的な違いがある会社はあまりないイメージを私は持っています。

ただ、それでも自分で出向いた方が都合が良いというマメな人はそれでもいいかもしれませんが、何社も回るのはメンドイと思います。

街中に横1列に店舗が立ち並んでいるワケないので、あっち行ったりこっち行ったりと、それだけで走行距離が伸びて安くなってそう笑

パソコンやスマホで一括査定を利用したほうが遥かにラクです。5分くらいで申込みは完了してしまいます。

一括で複数の業者とアポを取る方法を次に説明します。

パソコンやスマホで車の一括査定を申し込む方法

パソコンでもスマホでも、だいたいは5分もかからずに複数の会社に査定申込みができます(便利な世の中バンザイ笑)

申込みはインターネットの申込みフォームに車種、年式などの簡単な情報を入力するだけなので、サクッと申し込むことができます。

先ほどから何度か「複数の」という言葉を使っていますが、別に1社のみに申込みフォームを送っても問題ありません。

ですが、車を高く売りたい場合のミソが複数の業者に申し込むことなので、はじめからそのように説明していたわけです。

一括査定とは複数の業者に査定申込みをすること

上で申込みフォームを複数の業者に送信・・・と聞いて「何度も送るのメンドクサ!」と思った方もいるかもしれないので、念のため書いておくと、一括査定のラクな所は、

一度の申込みで複数の業者に申込みができる

という点です。心配になる人がいるかもしれないので、念のため解説しました。

一括査定の流れ

  1. パソコンやスマホで一括査定サイトへアクセス(あとで説明します)
  2. 申込みフォームを書く
  3. 来てもらう日を決める
  4. 来てもらったら、業者(フォームに書いた業者の分だけ)で価格競争
  5. 一番高い値段を提示した業者の勝ち!いつ売るかの契約書交わす

といった流れになります。

大したメンドウではないと思います。これで数万どころか数十万も高く買い取ってもらえる事を考えれば、この程度の労力はいとわないと思うのは私だけじゃないと思っています。
(そうじゃなきゃこんなサイト作っていませんし笑)


個人間取引はどうなの?

あ、そうそう

知人や友人との間で車を売買したりする個人間取引の話ですが、これはあまりオススメできません。

今までに説明した車下取りや車査定はいずれもきちんと契約書を交わす商取引なのに対し、個人間取引は口約束なので

あとから何か不具合が見つかった(=瑕疵)

とかそんな些細な事でトラブルになりかねませんので、私はオススメしたくはありません。

それでも一応、個人間取引のそういったトラブルを回避しつつも上手に売る方法もあるので、それについては個人間取引を上手に行う方法を読んでいただければと思います。

その内容の一部を書いておきますが、個人間でも安心して売れますが、結局一括査定より金額的には及ばないと思うので、「一括査定でいく!」と考えている方はこの次に読み進めてもらってスルーしてもOKです。

 

どの方法もメリット・デメリットは下記の表のとおりです。

項目 車下取り 車買取店
店舗・出張査定
車一括査定 車個人売買
査定額 ×
電話の多さ
手軽さ ×
トラブル ×
アフターケア ×
査定する会社 ディーラー1社 買取店1社 小規模~大規模の買取店に複数 個人
ポイント 査定額は他に比べて安くなりますが、とにかく安心を重視する方にオススメ ディーラーの下取りよりも高く売りたい方にオススメ とにかく車を高く売りたいという方にオススメ 業界通の人
オススメ
サービス
新車ディーラー ビッグモーター アップル ガリバー

ちょっとくどいようですが、大事なことなのでもう一回だけ

オススメはやっぱり一括査定を利用をオススメします

複数の業者がけん制し合って値段が上がっていく感じが高く売れるミソなので、これをうまく活用しない手はないと思っています。

せっかく手間をかけて売るのだから、高く売りたいですよね^^

ちなみにもし、あなたが今乗っているクルマがミニバンなら、査定業者にはビッグモーターを含めることをオススメします。

詳しくはビッグモーターがミニバンに強いワケをお読みいただければ納得していただけると思います。

業者はどこを見ている?査定前に見ておいて欲しいところ

査定前のチェックポイント
査定前のチェックポイント

一括査定の申込みが終わり、あとは当日までやることがないかと思いきや、ここは少しでも査定額を高めるためにチェックしておきたいポイントを確認しておきましょう。

査定で見られるところ

  • 車体全体の傷やへこみはないか(多少ならOK)
  • 年式などの書類記載事項
  • 走行距離などのメーター類
  • 車体フレーム(めっちゃ見られる!)
  • 車内の状態

査定前に騒いでも走行距離や大きなヘコミは直せませんが、車内をキレイにするとか洗車するとかして普段から丁寧に使っていますよ感を出しておくことはできるので、最後の詰めを忘れずに行いましょう。

また、もっと重要なのが純正に戻せるパーツは純正へというのが大事な点です。

実際に査定を行っている業者にインタビューしたことがありますが、私が驚いたのは

純正のほうが査定額が高くなる傾向にあり、また逆にオプション(ナビやフリップダウンモニターなど)は大して査定額に影響しないという点です。
外せるものは外して、純正を取り付けたほうが案外好査定をゲットできるというのは要チェックですね!

査定のときに業者に聞かれる「いくらで?」の正しい答え方

正しい答え方っていっても別に面接じゃないんだから笑

正直に答えてもいいと思いますが、あまりふっかけると相手してくれなくなるので、他の業者から先に提示されているのであればプラス10万くらいを希望額として言っておくほうがプラスになりやすいというのが私の実感です。

査定が終わり、いざ契約となったらココを確認しよう

いろんな業者から査定額を言われ、いざ一番高い業者に「売ります!」となった際にとあるトラブルが発生するケースがあります。

それは業者があとからゴネるというケースです

「は?なにそれ?」って感じですが、実際にあるそうです。

業者は既に自分のところに売ってくれる約束を取りつけているわけですから、手のひらを返したように強気になるアレな所もいるので、無用なトラブルを避けるために次のことを契約前に確認しておきましょう。

  • 契約後のキャンセルはいつまで可能か?キャンセル料は?
  • 買取後ゴネないか?(いわゆるクレーム保証はあるか?)
  • 項目3

最近はクレーム保証といって、後でゴネないかわりに保証料5000円いただきますという業者がいます。

まあ金額は業者によりますが、ビッグモーターに売ったときはこの保証サービスがあったものの、特にクレームはありませんでした。

契約時に必要な書類一式

契約の必要書類
契約の必要書類

査定後の契約に必要な書類一式をまとめておきます

契約に必要な書類一式

  1. 実印
  2. 印鑑証明書
  3. 車検証
  4. 納税証明書
  5. 自賠責保険証
  6. リサイクル券

実印と印鑑証明以外はおそらくクルマのダッシュボードに車検証と一緒になっているかと思います。

契約後どれくらいで入金されるか?

会社にもよりますが、大体は2・3日から1週間程度で入金されます。

先述のビッグモーターですが、3日で入金されました。

まとめ

以上が車査定の”キホン”でした!いかがでしたか?^^

「簡単じゃん!査定で売ろ!」と思ったのであれば良かったです。

次に欲しいクルマがもう決まっていて、買う業者も決まっているならためしに下取り額を聞いてみてから一括査定してみてはいかがですか?

本サイトで嘘を言ってないことがおわかりになるかと思います笑

まあそんなメンドウな事しなくても一括査定のほうがおそらく(というかほぼ)高いと思いますが・・・

ここまでをまとめると、

  • クルマを高く売るなら下取りよりも車買取(一括査定)
  • 売る前にパーツは純正品へ戻すと良い
  • 無用なトラブルを避けるためクレーム保証をつけるなどの対策を

とこれだけやっておけばまず間違いありません

あなたが下取りよりも高く売れて次の車のグレードが上がりますように!^^